ミラクルデンチャー|仙台市 泉区の市名坂歯科医院|仙台市 泉区 歯科

ミラクルデンチャー

ブログ
イベント情報
24時間WEB予約
院内新聞ICZ
無料相談
contents
  • 無痛治療
  • 虫歯治療
  • 最新虫歯治療
  • 歯周病治療
  • 歯周病と全身の疾患
  • 新しい歯周病治療
  • レーザー治療
  • ミラクルデンジャー
  • 口臭外来
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 予防歯科
  • トリートメントケア
  • 金属床義歯
イベント情報
患者様の声
歯科衛生士募集
歯科技工士募集
歯科衛生士就職応援プラン
歯科助手募集
  • HOME
  • ミラクルデンチャー

ミラクルデンチャー

入れ歯でお悩みの方へ

どのような悩みをお持ちですか?



このような悩みをお持ちの方に朗報があります。
咬める、痛くない、入れ歯だと気づかれない そんな入れ歯があります。

これが、「ミラクルデンチャー」です。


ミラクルデンチャーとは

ミラクルデンチャーは従来の入れ歯とは全く違った新しい考え方から開発された入れ歯です。

大学でも教えていませんし、日本全国でも考案者の中川先生から直接ご教授頂いた歯科医師しか治療法を知りません。
どこの歯科医院でも作ってもらえる入れ歯ではないのです。
バネのない普通のノンクラスプデンチャーは、今いろいろ出ていますが、それらのノンクラスプデンチャーとミラクルデンチャーは違います。
私がこれまで手掛けた入れ歯では得られなかったすばらしい特徴をミラクルデンチャーは備えています。
まさに、「奇跡の入れ歯」「21世紀の入れ歯」です。

入れ歯でお悩みの方にはぜひ、ミラクルデンチャーを入れて食べ物の味はもちろん、咬める喜びも味わっていただきたいと思います。


ミラクルデンチャーのすばらしさ

1.上の入れ歯では、上あごの部分がくりぬかれているので熱さも感じられるし、食べ物の味わいを
取り戻すことができる。

2.従来の入れ歯と比べて、ほとんどの食べ物が咬める。(おかき、餅、するめ、タコ、こんにゃく、
ごぼう等)

3.自分の歯と錯覚するくらい軽い。

4.金属を使ったとしても、目立たないので入れ歯を入れていることが他の人から見て、わかりにくい。

5.装置が揺れる歯の動揺を止め、むしろその歯を保護することも期待できる。

6.24時間つけたまま生活できるので、夜中に地震などが起きても入れ歯をなくす心配がない。

7.入れ歯を入れている違和感が少ない。
(入れ歯を入れてても、入れていないと錯覚する患者さんもいる)

8.食べ物が入りにくいので外出先でも安心して食事ができる。

9.しゃべりやすくなり、自然な会話ができる。

インプラントとの比較

ここ10年くらい脚光を浴びているインプラント
不幸にして失ってしまった歯の代わりに人工歯根を骨に植えることにより入れ歯を入れなくても咬めるようになる
確かにすばらしいものです。

しかし、インプラントを植えるためにはある程度の顎の骨の量が残っていなければできません。
また、抜けた歯の数によっては治療費がかなり高額になってしまいます。

しかも、インプラントを行うためには外科処置が必要です。
それも骨の状態やインプラントの種類によっては何回かの外科処置が必要になる場合もあります。
治療期間もインプラントを植えてから最終的に咬めるようになるまで6ヶ月くらいはかかります。

本当にインプラントができるのはある程度の条件を満たしたごく限られた患者さんだと思います。

しかも最近テレビ、新聞などで報道されているようにインプラントはトラブルが少なからず起きています。
(インプラントを行って、少し神経が圧迫された。
インプラントをしたけど、その周りの骨がなくなってきて動揺がひどい。 など・・・)

インプラントは後戻りができない処置ということです。

ミラクルデンチャーには外科処置はありません。
体に侵襲を加えることはないので、後戻りのできない治療法ではありません。
長年使用していて、不適合にならなければ修理も可能です。

さらに将来、介護が必要になった場合、インプラントの管理はどうすればよいのでしょう。
ミラクルデンチャーなら介護施設での管理も可能です。

ミラクルデンチャーとインプラントを比較してみましょう

治療費

ミラクルデンチャーの治療費は、おそらくインプラント2本分程度の治療費
(その歯科医院によって違いますが)で済むと思います。
→インプラントよりも安い

治療期間

・ミラクルデンチャーは通院が2~4回で済みます。
・インプラントは最終的な歯が入るまで半年から1年程度かかります。
→治療期間が短い

外科処置

・ミラクルデンチャーは外科処置をしないのであなたの体に侵襲を加えることはありません。
・インプラントは歯ぐきを開いて顎の骨に穴を掘ったりする外科処置を行うため、最悪後戻りができない(元の状態に戻せない)治療になることもあります。

顎の骨の状態による治療の制限

・ミラクルデンチャーは顎の骨の状態、条件による治療の制限はありません。
残っている歯が1本さえあれば治療は可能です。
・インプラントは、顎の骨の状態、条件が悪いところには前準備として骨を造るなどの外科処置がインプラントの手術の前に必要なこともあります。

耐用年数

・ミラクルデンチャーは修理できない程壊れたり、お口の中が大きく変化しなければずっと使うことができます。
・インプラントは必要なメインテナンスを受けていれば10年くらいは大丈夫でしょうが、メインテナンスを受けていない方の寿命はもっと短いと思います。
・しかも、これから高齢化社会を迎えるにあたり、寝たきりになった時や介護施設での管理のことを考えると、いろいろな問題を抱えていると思います。
・しかし、ミラクルデンチャーは保険の入れ歯と同じ様な管理をするだけでよいので、問題はないと思います。ミラクルデンチャーがダメになったら新製も可能ですし、修理も症例によっては可能です。


いかがですか?
ミラクルデンチャーは、インプラントと比較してもあなたの悩みを即座に解消できる「奇跡の入れ歯」なのです。

ミラクルデンチャーのしくみ

ミラクルデンチャーは、装置がかかる歯そのものに余計な力が加わらないようなしくみになっています
そのため、歯とミラクルデンチャーが一体化しミラクルデンチャーが歯を固定・保護するようになるので、動いている歯までも動揺を抑え長持ちさせてくれます。

1本でも自分の歯が残っていれば、ミラクルデンチャーは可能です。
自分の歯のように快適に入れ歯を使えることはもちろんですが、残っている歯を守り総入れ歯にならないようにすることも大切だと思います。

ミラクルデンチャーは残っている歯を大切に守っていけるという点でも、すばらしい入れ歯です。

ミラクルデンチャーの種類

ミラクルデンチャー(金属床)

・金属とプラスチックで作製。
・できるだけ小さく違和感がない入れ歯が良い方、硬いものでもしっかり咬みたい方におすすめします。
・ミラクルデンチャー(プラスチック)と比較しても耐久性が優ります。
・設計によってはわずかに金属が見えることがあります。

従来の入れ歯

ミラクルデンチャー


ミラクルデンチャー(プラスチック)

・金属が見えない入れ歯が良い方におすすめします。
(設計によってはほんの少しだけ金属を使うことがあります。)
・ミラクルデンチャー(金属床)よりも少し形が厚くなりますが、保険の入れ歯ほどの違和感はありません。
・ミラクルデンチャー(金属床)よりも耐久性は劣ります。

従来の入れ歯

ミラクルデンチャー

治療の流れ

型どりや咬み合わせの記録を採って、2~4回でミラクルデンチャーが装着できます。
(大阪のミラクルラボで作製しますので、通常より日数がかかる場合もあります。)

治療後のお手入れ

ミラクルデンチャーは24時間はずす必要はありませんが、1日1回はしっかり洗浄しましょう。

ミラクルデンチャーの欠点?

欠点というほどのことではないのですが、今までの入れ歯とは全く異なった発想で作られた入れ歯なので多少入れ歯の出し入れに練習が必要ですが、この取り外しもすぐに慣れてきます。
そのうちDr.よりも取り外しが上手になってきますので、欠点といえるほどのことではないと思います。

目からウロコ

私は中川先生のセミナーを初めて受講したとき「インプラントに代わるものはこれだ!!」
私が長年探し求めていた「究極の入れ歯はこれだ!!」と
まさに目からウロコでした。

それから中川先生のセミナーを何回も受講し、ミラクルデンチャーの知識と技術を身につけることができました。

今まで何らかの不満があった入れ歯をミラクル様に改造したり、ミラクルデンチャーを新製したところ
患者さんに
「入れ歯でないみたい」
「咬める!!」
「本当に快適に食事ができるようになりました」
「しゃべるのに何不自由もなく、本当に不思議な入れ歯です」
「こんなにいい入れ歯ならもっと早く知りたかった」 など
ほとんどの方が満足していらっしゃいます。

終わりに

いかがですか?
ここまで読んでいただいてご理解いただけましたでしょうか?
このミラクルデンチャーは、今までの入れ歯の概念を打ち破った全く発想の違う究極の入れ歯です。

とにかくこの「奇跡の入れ歯」ミラクルデンチャーを私は自信を持っておすすめします。
ミラクルデンチャーを入れることにより、あなたの「入れ歯」に対する考え方が全く変わると思います。

ミラクルデンチャー患者様の声
ページトップ